マイナビ2022

INTERVIEWタツモの仕事を知る

ワークライフバランスが良く、
女性もキャリアを築ける場所。

アプリシア事業部/ プロセスエンジニア W.H

何度も実験を繰り返し、
新たな技術を開発しています。

既存装置の改良や新規装置の開発において処理の方法を考え、実験を繰り返しながら、装置構成を考えることがプロセスエンジニアの役割です。半導体製造装置の多くは、ウェーハを扱うものになりますが、私が担当しているのは、リン酸の再生装置やリン酸中のケイ素濃度を測定する装置。具体的には、半導体を製造する過程で使用するリン酸を再生し、何度も使用できるようにする装置の開発です。これまでは廃液していたものをリサイクルする装置でもあり、環境問題に貢献する技術と言えます。

“思い込み”を取り払い、
さまざまな角度で探ること。

私が仕事をする上で、最も気を付けていることは、“思い込みで仕事をしない”ということ。業務は実験がメインです。当然、思うように実験が進まないこともあります。そんな時は大抵、「こうあるはずだ」という思い込みが原因です。結果、答えが出ない実験に固執してしまいます。そうしたことを過去に何度も経験しているので、なるべく広い視野でいろいろな可能性を探ることを心掛けています。憶測ではなく、しっかりデータを取った上で客観的に判断することが、プロセスエンジニアの仕事ではとても重要です。

蓄積したデータが繋がる時、
スッと答えが見つかります。

この仕事の醍醐味は、やはり原因が解明できた時です。地道にデータ収集と解析を繰り返していると、これまでバラバラだった事象が一つにつながっていく瞬間に出会います。そうすると、難しい問題が解けた時のような、すっきりした気分に。開発の仕事は、基本的にこの繰り返しです。地味な作業にはなりますが、この積み重ねが新しい技術を生み、お客様の悩みや不満を解消します。そう考えると、非常にやりがいを感じられる仕事です。

さまざまな年代の女性が
活き活きと働いています。

タツモは女性も長く働ける環境です。アプリシア事業部には、現在4名の女性が在籍しており、内3名は子どもがいます。女性が長く働き続けるためにはワークライフバランスが重要。こうして幅広い年代の女性が働いているということは、仕事とプライベートのバランスが良いという証拠です。上司も子どもを持つ女性社員に理解があると感じます。今の時代は女性エンジニアもキャリアを築ける時代。女性の方もタツモでイキイキと働いてもらいたいです。

22’S RECRUIT ENTRY
TOPへ戻る