マイナビ2022

INTERVIEWタツモの仕事を知る

尊敬できる上司や先輩が
たくさんいる会社。

製造部/ 装置組立 F.N

“スピード”と“精度”の両方が
必要とされる仕事。

就職先について考えていた時、高校の先生に勧められたのがタツモです。ワークライフバランスを重視した会社だと聞き、働きやすそうな会社という印象でした。実際、休暇も取得しやすく、イメージ通りの会社でした。
私が担当している業務は、装置の組み立てです。調達部から受け取った加工品や部品を、図面に従って正確に配線をつなげていきます。期限も決められているのでスピードも大切ですが、いかに高い精度で組み立てられるかが最も重要なポイントです。

タツモの一番の魅力は、
上下関係の良さ。

タツモは先輩、後輩の関係性が非常に良いのが魅力です。上司や先輩はとても優しく、質問も気兼ねなくできます。私は社会人になるまで、勉強は自分一人が頑張るものだと思って過ごしていました。しかし、仕事は「一人ではなくチームで行う」ことに、タツモは気づかせてくれました。タツモでは上司や先輩方に相談すると、即座に誰かがサポートをしてくれます。常に先輩達が後輩をフォローする環境と風土が整っているので、とても働きやすいです。

後輩のお手本になれる
先輩になりたいです。

このように入社以来、上司や先輩に本当にたくさん助けてもらってきました。今もまだ教えてもらったり、サポートしてもらったりすることの方が正直多いです。でも、これまで上司や先輩に支えてきてもらったように、いずれは私が後輩たちを支えられるようになりたいと思っています。実務の方では、入社当時まったく分からなかった図面も、ようやく読めるようになりましたが、まだまだ論理的に配線のことを理解しているとは言い切れません。知識をもっと深めて、自分の役割をしっかり果たせるように頑張ります。

気負いしすぎることなく、
リラックスして就職活動を。

入社して間もない頃、本当に自分は社会人としてやっていけるのかという漠然とした不安がありました。今振り返ると、必要以上に気負いすぎていたなと感じます。今、就職活動をされている方の中には、私と同じような思いの人もいるのではないでしょうか。学校を卒業して就職すれば、社会人生活はスタートします。でも、私自身がそうであったように、実際は2年、3年と時間をかけながらゆっくりと社会人としての精神を身につけいくもの。それまでは、上司や先輩に頼りながらいろいろと学んでいけば大丈夫です。タツモで一緒に働ける日を楽しみにしています。

22’S RECRUIT ENTRY
TOPへ戻る